【無料期間は30日】DraftSightのダウンロードからインストールまでの手順【図解】

【無料期間は30日】DraftSightのダウンロードからインストールまでの手順【図解】

ドラフトサイト(DraftSight)をはじめて使う方に向けての記事になります。

ダウンロードからインストールまでの手順を図解でご説明します。

建設業の現場監督で

  • 大手建設会社ではないので、会社に専用のCADソフトがない
  • 今まで(現在も)AutoCADを使っている・・・他のCADの操作はわからない
  • 今使っているノートパソコンをそろそろ買い換えようと考えている・・・特にAutoCADを使うと重たくイライラする
  • AutoCADは高いので自分で買うのは無理・・・なるべく安い互換性のあるソフト(拡張子dwg)を探している
  • DraftSightは有料になった・・・それでも使うことを考えている

という方に、すばやくダウンロードして

30日間は無料で使うことができる

ので、

悩んでいてもしょうがない!使ってみようという方の後押しができれば幸いです

尚、ダウンロードなんて簡単でしょ。別にあえて順を追ってみる必要なし。しかもドラフトサイトは有料になったから利用する価値なし・・と感じる方はそっと閉じて下さい

それはいきます。

まず公式サイトからDraftSightのアプリをパソコンにダウンロードする

公式ページ2D、3D、CADソフトウェアのダウンロード|Draftsightを開くと、

DraftSight 2020を今すぐダウンロード(下図)というページがあるので、使っているパソコンの種類によって(私はwindows64ビット)ダウンロードします

どこに保存したかわかるようにすることは大切

ダウンロードしたDraftSight64アプリケーションを開く

保存したドラフトサイトのアプリケーションをクリックします

とりあえず【30日間試用版】を選び、次へ進みます

DraftSightをノートパソコンにインストールする

DraftSightの使用許諾契約に【同意する】を選び、【インストール】をクリックします

インストールが完了したら、【完了】をクリック

あくまでも無料で使える期間は30日間なので、【試用を続行】をクリック

ここで、よくわからない表示が出てきました

推奨と書いているので、単純に「はい、クラッシュレポートの送信に同意します」を選択しました

クラッシュレポートって何?

クラッシュレポートとは

コンピューターシステムやソフトウエアが異常終了した際に、自動的に作成される報告用データ。製品の改善や品質向上に役立てられる。

参照⇒クラッシュレポートとは – コトバンク

インストールが終わったら再起動

とりあえず、インストールが終わったら、一度シャットダウンして、再起動して使うことにします。

再起動後、画面のドラフトサイトのショートカットをクリックし、使ってみましょう

DraftSightをなぜダウンロードして、インストールするのか

本当はAutoCADを、ノートパソコンを買い換えても使いたい。

しかし

  • 会社にAutoCADソフトがない
  • 自分で買うのは高すぎる

解決策として

AutoCADと使い方が似ているDraftSightを、年間維持費1万円ちょっとで使う

そのために

無料試用期間30日間を利用して、本当にドラフトサイトで大丈夫なのかいじってみることにした

以上、

DraftSightのダウンロードからインストールまでの手順のご紹介

でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)